• TOP
  • コース紹介

コース紹介

第87回大会を開催するよみうりカントリークラブは、和紙の里・名塩にあり、1961年、日本を代表する名設計家と称される上田治氏の手により開場し、よみうりオープンや、ゴルフ日本シリーズの舞台としても有名で、数々のドラマがここから生まれました。

HOLES 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
PAR 4 5 3 4 4 4 4 3 5 36
YARDAGE 419 551 211 439 414 346 372 242 552 3,546
HOLES 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TOTAL
PAR 4 4 4 3 4 4 5 3 5 36 72
YARDAGE 474 390 402 201 389 459 623 193 559 3,690 7,236

OUT

1ホール
419yds/Par4

第1打は緩やかな打ち下ろし。雄大に構える景観を見てしっかり振り切り、フェアウェイ右サイドをキープしたい。

1ホール

2ホール
551yds/Par5

谷越えの第1打がカギ。2オンを狙うプレーヤーは、ティーショットをフェアウェイ右サイドぎりぎりにボールをキープする必要がある。

1ホール

3ホール
211yds/Par3

縦長のグリーン。距離があるので、ピン位置にかかわらずグリーンセンターにいかにボールを止めるかがポイント。

1ホール

4ホール
439yds/Par4

2段グリーンが特徴。第1打はプレーヤーの飛距離に合った落としどころを選択できるよう、フェアウェイにフラットエリアが緩やかな階段状に造られている。

1ホール

5ホール
414yds/Par4

典型的なダウン・アップホールで、第1打は狭く見えるが落下地点は意外と広い。平常心で思い切って振りぬく勇気が試される。

1ホール

6ホール
346yds/Par4

距離はないが侮れない。グリーン右サイドにピンがあると難易度が高い。アベレージゴルファーの攻略ルートは厳しいバンカーのない左サイドから。

1ホール

7ホール
372yds/Par4

打ちおろしで風に注意。第1打は、落ち着いて振りぬくこと。右サイドのケヤキが特徴的。グリーンの難易度は高くない。

1ホール

8ホール
242yds/Par3

ロングパー3。ガードバンカーはシンプルな造形で配置され、グリーン手前目から攻めるのが常道。グリーンは広く緩やかな傾斜がある。

1ホール

9ホール
552yds/Par5

第1打は、豪快に打っていける。緩やかな打ち上げのロングホールなので、グリーンは広めになっている。うねりのある3段グリーンは、要注意。

9ホール

IN

10ホール
474yds/Par4

距離のあるミドルホール。アプローチからグラウンドレベルのグリーンで、アンジュレーションはフラット。

10ホール

11ホール
390yds/Par4

距離が短いホールなので、グリーンは横長で奥行は狭くなっている。グリーンがバンカーハザードで浮き上がるダイナミックな形状。

11ホール

12ホール
402yds/Par4

第2打地点右からフェアウェイにかけて戦略性に富んだクロスバンカーが待つ。クリアできればバーディーの確率が上がる。アベレージゴルファーは、左サイドエリアを使って攻める。

12ホール

13ホール
201yds/Par3

池の左奥には水面とグリーン間にビーチバンカーを配置。グリーンアンジュレーションは、奥から池側に緩やかなスロープ。

13ホール

14ホール
389yds/Par4

ティーからグリーンが見渡せ、グリーンバックの空間から青空が見えるデザイン。グリーンのアンジュレーションは、奥が低くなっている。

14ホール

15ホール
459yds/Par4

六甲の山並みを見渡すティーグラウンド。自然の地形を生かした造形とバンカーの巧みな配置は、よみうりを象徴するホール。グリーンはオーソドックスな緩い受けグリーン。

15ホール

16ホール
623yds/Par5

第2打から左ドッグレッグで大きく打ち下ろす豪快なロングホール。冷静にターゲットを見極めてトライしたい。無理な2オン狙いより3オン勝負が無難かも。

16ホール

17ホール
193yds/Par3

グリーン手前にショートすると、ボールが池に吸い込まれるスリリングなホール。グリーンの左3分の2はフラットで比較的易しい。

17ホール

18ホール
559yds/Par5

クラブハウスとグリーン手前の池、ビーチバンカーが美しいコントラストを描き、プレーヤーを迎える。幾度となくドラマが繰り返されるファイナルホール。

18ホール

ページ上部へ